CHINA GIRL -LIVE-

2004年のReality Tourでの「CHINA GIRL」のライヴ映像です。
黒のTシャツ姿に、中尾彬風の(これは、どちらにも失礼かも)巻き巻きスカーフ、細身のパンツがとってもカッコイイおじさま姿のデヴィッド・ボウイです。
これはお客さんが撮った映像だと思いますが(いいのか?)ちょっと画像がブレているので、ボウイの表情などはっきりとは見えにくいのが残念かな。

10:00 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

CHINA GIRL -LIVE-

ちょっとビックリの、ツンツンヘアでのデヴィッド・ボウイでした。
曲は「CHINA GIRL」のアコースティック・バージョンですが、このヘアスタイルにしたからというわけではないけれど、本当に彼の耳が映画に出てくるキャラクターのように尖っているのが、よく分かります~。
特徴的ではあるけれど、こんなに目立つのは髪形のせいもあるのでは?
一瞬、誰だか分からなかった(それは失礼かも)。
どこかの学校でのイベントっぽいけれど、アコースティックで聞く「CHINA GIRL」も、随分雰囲気が違って聞こえてきますね。

09:56 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

CHINA GIRL -LIVE-

1999年のフランスでの「CHINA GIRL」ライブ映像です。
すっかり大人になってしまったボウイは、フランスでもかっこよかったんだろうなぁ。
1983年にヒットした「CHINA GIRL」は、イギー・ポップ・カヴァーで、ただのかわいい恋愛音楽かと思いきや、意味深な歌詞の内容もあるんですね。
後進国から文化帝国主義というか、先進国への深いメッセージも見え隠れしています。
ちょっと聞いているだけなら、オリエンタル風の聞きやすいポップ・ソングですけどね。

09:48 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

CHINA GIRL -LIVE-

「CHINA GIRL」のライブ映像です。
メチャメチャ羨ましいシーンなのが、ボウイがお客さんと近くて、お客さんの手をニギニギするところ。その近さは羨ましい以外のなにものでもない!
ビデオを流しているのかと思いきや、ステージの横でチャイナ風の雰囲気を演じている人達がいました。
ボウイの「シー」というシーンや、かわいい一人抱きしめシーンなんて、大好きです。

09:44 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

CHINA GIRL -LIVE-

2000年のグラストンベリーフェスティバルでのライブ映像です。
人気の「CHINA GIRL」です。
う~ん、このときのデヴィッド・ボウイの髪型は好きではないのですが、衣装もちょっと・・・そのヘビ柄コートはいかがなものか・・・。
できれば、「CHINA GIRL」のビデオ・クリップで着ていたようなシックなロングコートが大人っぽくて似合っていると思うんだけどな。

09:40 | Trackbacks (0) | Page Top ▲