トップページ >STATION TO STATION> STATION TO STATION

STATION TO STATION

1976年に発売されたアルバム「STATION TO STATION」のタイトルにもなっている曲です。
デビッド・ボウイの傑作とも言われますが、歌詞の内容は不安定や絶望感がたっぷりと表れています。
当時のデビッド・ボウイはオカルト的な教えに入れ込んでいたり、記憶も途切れ途切れらしく、アルバムを作ったことすら覚えていないというアルバムだそうです。(しかし、本当にそんな事があるのだろうか、凡人には不思議に思えてなりませんね)
そんな状態でも、素晴らしい曲が作れるなんて、やっぱりすごいんだぁなと改めて感心したりして・・・
歌詞にも、コカインの副作用なんかじゃない、なんていうフレーズも出てきたりして、う~ん、ちょっと不気味な感じもします。

21:50 | Trackbacks (0) | Page Top ▲