BLUE JEAN

「BLUE JEAN」のAlternat versionの映像です。
酷評を受けたアルバム「TONIGHT」の中でもヒットした曲で、音楽的にもジギー時代っぽい感じがします。
柄物のシャツやジャケットはボウイには似合わないのだけれど、まぁ、いいか。
こういうところがボウイらしいですからね~。それにしても、メイクをしているのかどうかは分かりませんが、ちょっと顔色が悪すぎるような気もします。何だか青白いような(青白いのは、普段もそうですが)、健康的には見えませんね~。
アルバムの評判や出来が良くなかったからでしょうか・・・、今後のボウイを少し暗示しているようで(そういうイメージを持ってみているからかもしれません)ちょっと寂しい感じも受けます。
ノリのいい曲なのにね~。

14:50 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

BLUE JEAN

1984年に発売されたアルバム「TONIGHT」に収録されている中で唯一のヒットシングルかもしれません。一応、英国のチャートでは6位にまでなりました。
その「BLUE JEAN」のPVですが、久しぶりに厚化粧のデヴィッド・ボウイが見れます。こんなに分厚いメイクをしても、妖しくセクシーに見えるのはやっぱりボウイだからでしょうね。
本人は「最もセクシーなロックンロール」と評しているようです。アルバム自体は散々な酷評を受けたり、その後の活動でも厳し状態でした。
まぁ、アルバムの中で新曲が2曲しか入っていないという状態では、新しいものを待っていたファンにとっても期待を裏切るものだったのかもしれません。

14:37 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

TVC15 -LIVE-

1978年12月に東京のNHKホールでのライブ「TVC15」の映像です。
デヴィッド・ボウイはメチャメチャかっこいいですよ~。全身白の衣装ですが、水兵さんっぽい帽子が似合う~、これに女性ファンは興奮したでしょうね~。はだけた胸もとってもセクシーですからね~。
字幕も入って、とっても親切な映像です(笑)
かっこよさと美しさが両方備わっている男性を見てると、ため息が出てしまいます。
今は、年相応の(いや、若く見えますが)渋さと落ち着きが感じられますが、若かりし頃のデヴィッド・ボウイの人形のような美しさは、今もすこーし見えますね。
ライブでもノリのいい曲は人気があると思いきや、シングルとしてはそんなにヒットしていない曲ですが、ボウイのライブパフォーマンスを加えると、すごく楽しめる曲になっています。

14:21 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

TVC15 -LIVE-

「TVC15」の1976年、イギリスでのライブ映像です。
ちょっと映像が悪くて、デヴィッド・ボウイなのかどうなのかさえちょっと分かりづらい映像になっちゃってます、残念。
ライトが当たって彼の顔は真っ白でほとんど見えません~、かといって、音がいいわけでもありません~。ライトに照らされて顔も髪も真っ白に見えるせいか、まるで坊主の宇宙人のようにも見えたりします。
ライブでの盛り上がりもあんまり分かりません・・・というダメダメな映像だったりします。まぁ、一応、ボウイのライヴの雰囲気を味わいたいということで。
あまりヒットしなかった「TVC15」ですが、ライヴにはノリもよく軽快な曲だと思うので、楽しめると思います。大人っぽいスーツ姿のボウイが好きなので、もう少しスーツ姿をキレイな映像で堪能してみたかったですけどね~。

14:14 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

TVC15 -LIVE-

「TVC15」のライブ映像です。
シングルとして発売されても、あまりヒットしなかった曲ですが、歌詞の内容は面白いですよ~、面白いというかちょっとブラックかな?その深い意図するところまでは理解できていないのですが・・・
ちょっと大人しめの衣装で落ち着いて歌っていますが、元々はノリのいい曲なので軽やかな感じもしますね~。
ちょっとリゾート地に来たオジサンのようなテカり具合のシャツですが(ちょっと失礼かな)、デヴィッド・ボウイも心なしか老けて見えてしまいます。ヘアスタイルのせいもあるのかな?個人的には、もう少しボリュームのあるヘアスタイルが、彼の顔をキレイに見せてくれるんじゃないかと思っています。
60年代に戻ったような衣装だなぁという感想をもってしまいました。
歌い終わってアッサリ引っ込んでしまうボウイ、あんまりご機嫌よくなかったのかな?

14:07 | Trackbacks (0) | Page Top ▲